October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

999.9 SPECIALMODEL CFRP-01

本日も”999.9 selected by HAYASHI-MEGANE BLOG(2)”をご覧頂きまして誠にありがとうございます! 店長ハヤシ兄です。   
※当記事は旧ブログから移行記事(画像)のため、リンクはクリックできません。

 

《旧ブログ記事画像ここまで》

カーボン製フレームサングラス 999.9feelsun SPECIALMODEL F-01CFRP についてはこちらをご覧下さい↓

http://9999byhayashi.jugem.jp/?eid=950

 

【999.9 selected by HAYASHI-MEGANE

”999.9 selected by HAYASHI-MEGANE(フォーナインズ・セレクテッド・バイ・ハヤシメガネ)”は山口県防府市の創業明治8年山口県最大級のメガネ館 ハヤシメガネが運営する、”999.9(フォーナインズ)”ブランドのみを取り扱う、全国で10店舗目のフォーナインズ専門店です。
フォーナインズを常時1,000本以上取り揃え、専門スタッフがフォーナインズの魅力を余すことなくお伝え致します!

>住所・営業時間・定休日・地図等、詳細はこちらをご覧下さい。

 

←SNSでも情報発信中!フォローお願い致します!
 

ハヤシメガネカード会員募集中】

年会費永年無料!ハヤシメガネカードでお支払の場合、いつでも分割10回払いまで手数料無料!


スマートフォンQR決済

現在下記4種類ご利用頂けます!


"楽天ペイ"”PayPay(ペイペイ)”Origami Pay(オリガミペイ)”LINE Pay(ラインペイ)”

 

【価格表示について】
過去の記事に掲載されている価格は旧税率の表示となっている場合がございますのでご注意下さい。


不要メガネリサイクル

もう使わない不要な眼鏡をご提供下さい。ラインオンズクラブを通じ、発展途上国の眼鏡がなくて困っておられる方に寄付されます。常時受付中です。ご協力お願い致します!(メーカー・ブランドは問いません)
 

最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました。

 

JUGEMテーマ:メガネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下は検索用テキストです。

----------------------------------------

本日も999.9 selected by HAYASHI-MEGANE(フォーナインズ・セレクテッド・バイ・ハヤシメガネ)のブログをご覧頂いている皆様、誠にありがとうございます!店長ハヤシ兄です。

本日も美祢市等遠方からもご来店頂きまして誠にありがとうございました!

さて、フォーナインズ新作2014-2015モデルも紹介しなければなりませんが、

本日ご紹介するのは・・・

お待たせ致しました!
999.9スペシャルモデル!

その名も”CFRP-01”!

そう、”CFRP”とは、”Carbon Fiber Reinfoced Plastic(炭素繊維強化プラスチック)”。
つまり、
カーボン製フレームです!

あの、世界初のカーボン製フレームのサングラス、999.9feelsun(フォーナインズ・フィールサン)”F-01CFRP”の眼鏡バージョンです!

カーボンと言えば、鉄の20%、比較的軽い金属アルミの約60%という軽量さ、それでいて強度は鉄の約10倍(引張強度)!
また疲労しない、錆びない、化学的・熱的変化に強いと優れた材料です。
F1マシンの車体や航空機、身近なところでは釣竿、ゴルフクラブ、スポーツ用自転車フレームなどにも採用されております。

カーボン素材自体はもはや目新しいとは言えませんが、プラスチックなどと比べカーボンが一般的にならない理由に、カーボンファイバーシートを重ねて(※)、型によって成形するなど手間がかかり、例えばサイズが何種類か必要であれば型も何種類も必要になるなどコストもかかり、高価格になってしまいます。
(※)シートにもいろんな種類があり、重ね方によっても強度や特性が変わります。

それゆえ、カーボンといえば、高機能な上に、高級・ラグジュアリーなイメージもあり、男心をくすぐります!
炭素繊維を編んだシートから成形するので、無塗装の場合はフレームの表面に美しい網目模様が現れます。
その模様がカーボン独特のアイデンティティでもあり、カーボンへの憧れから、世間には折り目模様を印刷した商品、折り目模様のカッティングシートなども存在します。

今回の”CFRP-01”も”フォーナインズ・フィールサンF-01CFRP”と同じく”東レ・カーボンマジック(旧 童夢カーボンマジック)”の協力の下、レーシングカーや航空機のパーツを作る方法と同じ”オートクレーブ成形”を用いられています。
”オートクレーブ成形”は金型を使用し、最中のように表皮(スキン)だけを成形し、中が中空※になることで軽さと強度を実現できます!(スキンを貼り合わせる際に接着剤代わりの発泡フォームを使用しますが、眼鏡フレームは体積が小さいのでその発泡フォームがフレーム内に詰まった状態となります)
金型に挟まれたスキンはオートクレーブという窯で約8時間かけて熱と圧力で硬化します。フレームの形状になるまでオートクレーブ成形は複数回行いますのですごい手間と時間がかかります!

しかも、”CFRP-01”はオートクレーブ成形としては限界まで細くスリムに軽く設計し、それによって適度なしなり生み出す設計となっております!!
そのため、製造には工程も増えてさらに高い技術が要求されています!

当然、短時間での大量生産は不可能、数量限定です!
”F-01CFRP”もそうでしたが、1日1本製造できないというペースで、完納するには2年くらいかかるかも・・・ということでした!
非常に手間のかかる製造方法のため、注文しても数ヶ月後の納品となる可能性があります。
店頭分を販売してしまいますと、次に購入したい方が実物を見ながら検討できなくなってしまいますので、お客様に見て頂くサンプルを1本展示させて頂き、お客様分は随時ご注文させて頂きます。
(納期が数ヶ月かかることをご了承下さい。また数量限定生産のためタイミングによってはメーカー在庫が完売、販売終了の場合もあります)

↓とうことで、じっくりご覧下さい!

 

 


レンズ横幅54mm、レンズ縦幅35mm、鼻幅17mm、テンプル長128mm

通常このようはハイテク眼鏡はデザイン的にも気合が入り過ぎてカッコ良くしすぎて、掛けた時に眼鏡が浮いてしまい使い辛いことが多々ありますが、CFRP-01はデザイン的には日常で使いやすいフォーナインズらしい落ち着いたスクエアフォルム。肩肘張らずに普段使いできる”使える”デザインです!
パッと見では分かりにくいですが、カーボンファイバー特有の織目模様が美しいです!
こだわり派の方、イイモノを知っている方には分かる贅沢です。
遠近両用レンズも十分使用できる世代を問わないデザインです。

 


フォーナインズのフレーム全てに共通する、日本人(アジア人)の丸い頭部に合わせた、頭を包み込むようなフォルム。

 

 

カーボンフレームはほとんど伸び縮みが無いのでフルリムではレンズを入れることはできません。
フォーナインズ・フィールサンF-01CFRPもそうでしたが、通常のフレーム(フェイスフロント)とは別にレンズを固定するチタン製の”インナーフロント”を装備した”ダブルフロント構造”となっています。レンズがフレームから独立していますのでフレームにかかる負荷がレンズに伝わらない、レンズに優しい構造です。
また、フロントが二重構造となることで奥行や立体感のあるデザインとなっています。
また鼻パットはインナーフロントから伸びたクリングスタイプ。かける人の鼻筋に合わせて細かい調整が可能です。
さっらに立体的で接地面積が広くいろんな鼻筋に合いやすいフォーナインズオリジナル形状の鼻パット。
パットの中にはチタン製の”カメ”が!>その訳はこちらをご覧下さい。

 

 

チタン製のインナーフロントはネジで固定され、取り外しが可能です。
あまり、一般的には知られてないことですが、度付レンズは度数や設計によってレンズのカーブ(表面・裏面)が変化します。
それによってフレームと形状が合わない場合、レンズを曲げる訳にはいかないので、フレームを曲げてレンズと合わせます。
しかし、カーボンフレームは曲げることができません。
(フォーナインズ・フィールサンF-01CFRPではフォーナインズ・フィールサンオリジナル度付レンズを使用するので、フレームにピッタリはまるようになっていましたが。)
そこで、インナーフロントのブリッジ根元部分はU字型になっており、レンズのカーブによって変化する反り角、フレームとの相性を調整できるようになっています。
ちなみに単焦点レンズの場合、”フォーナインズ・レンズ”を使用すれば余計な調整なしにぴったり収まり、見た目にも光学的にも最適なものとなります!

 


”智(ち)”とテンプルの”合口(あいくち)”はフォーナインズのデザインとして代表的な”凸凹”で噛み合うようなデザインでちょっとしたアクセントに。
智〜テンプルは少し幅広にしてあるので、カーボンファイバー特有の織目模様がよく見えて美しいです!

 

蝶番部にはフレームにかかる負荷を吸収・変形を防ぎ、抜群のかけ心地を生み出すバネ機構”逆R(ぎゃくあーる)ヒンジ”を採用。
ピッタリと組み込まれたチタンパーツとカーボン素材の融合がマニア心をそそります(笑)

 

左テンプル内側には”999.9 SPECIAL MODEL"!

右テンプル内側には”CFRP-01”とサイズ表記

 

耳へのかけ具合を合わせるためにテンプルの後半はプラスチック製モダンとなっています。
テンプルの先”しのみ”はスキー板のように少し反っています。お顔にかける時に抵抗が少なくなるように考えられた形状です。


今回オートクレーブ成形としては極限まで薄く、細く設計されていますが、

 

比べてみました!


まず、同じオートクレーブ成形のカーボンフレーム”フォーナインズ・フィールサンF-01CFRP”

 

”サングラス”ということもあり、大きさ、ボリュームともかなり違うのがお分かり頂けると思います。


続いて


同じダブルフロント構造のプラスチック製眼鏡フレーム”NP-58(NP-57シリーズ)”


ダブルフロント構造はリムにレンズがはまってないのでリムに形状を保持するだけの強度が求められ、太くせざるを得ません。
それをこの薄さで実現できるとは!


ちなみにF-01CFRPはフレームに厚みがあったので、フレームの中にチタン製のインナーフロントを内蔵し、NP-57はインナーフロントの固定部のみフレーム内で固定していますが、CFRP-01はそのままではインナーフロントを固定ができないほど薄いため、ブリッジ裏にインナーフロントをくわえるためのカーボンパーツが追加されています。


付属品


外箱

 

専用眼鏡ケース


専用ソフトケース


ギャランティーカード


カラーレンズを入れてもカッコイイです!


一目見て一般的な眼鏡と違う奇抜な眼鏡ではありませんが、見る人が見れば分る垂涎の逸品です!

999.9スペシャルモデル”CFRP-01” 280,000円+税(数量限定生産)

comments

   
pagetop